教育委員会に営業をする人のブログ

地方自治体や学校に営業活動をしています。地方自治体への営業の仕組みや、教育業界について書いていきます。

公立学校におけるネット環境の仕組み

この記事では、

公立学校のネット環境の仕組み

について解説します!

 

 

下記の記事でもあるように、いよいよ

学校にタブレットを導入する

ことが本格化しそうです。

www.saga-s.co.jp

 

そこで、タブレットやパソコン本体と一緒に整備するべきものが

ネット環境です。

 

しかし、公立学校のネット環境は、

通常のネット環境と少し違うので解説します。

 

通常の通信環境

まずは、通常のネット環境について

 

こちらの画像のように、

それぞれの端末がインターネットに直接接続しています。

公立学校におけるネット環境の仕組み

通常のインターネット通信

このイメージで学校や教育委員会の方とお話をすると、

話が噛み合わないことがあります。

 

それでは、公立学校のインターネット環境は

どのようになっているのでしょうか?

 

公立学校の通信環境

下記の図をご覧ください。

公立学校におけるネット環境の仕組み

公立学校のインターネット通信


この図のように、公立学校のインターネット通信は、

教育委員会で一本化してからインターネットに接続

しているのです。

 

これはどういうことでしょうか?

 

例えば、

学校Aで5台

学校Bで7台

学校Cで3台

インターネットにつないでいるとしましょう。

 

この時、教育委員会では合計で15台のパソコンが、

インターネットにつながっていることになります。

 

公立学校の通信環境の問題点

このような通信環境の問題点は、どのようなものがあるでしょうか?

通信帯域については、

教育委員会の通信を基準にしています。

図の赤い部分です。

 

ですので、

複数の学校で同時にインターネットにつないでしまうと、

ネットにつながりにくくなる

という問題点があるのです。

 

全ての通信を教育委員会で一括にしているので、

すぐに通信帯域がいっぱいになってしまうこともあります。

 

そして、このような通信の仕組みに詳しい先生が少ないため、

なんで少ない数のタブレットしか使っていないのにネットにつながらないんだ?

ということが起こるのです。

 

特に、多くの通信を利用するオンライン英会話などでは注意が必要です。

www.bamboo33.xyz

 

まとめ

いかがでしたか?

学校の通信環境は、皆様が普段利用している

インターネットの通信環境とは少し違います。

 

LTEモデルのタブレットを整備する学校も増えているため、

端末ごとにインターネット接続をできるようにするなど、

対策は進んでいくでしょう。

 

営業としては、

その自治体の通信環境の仕組み

を、しっかり抑えておきましょう!

 

 

 

☆ 一緒に学校へ営業をしてみませんか?☆

公立学校におけるネット環境の仕組み