教育委員会に営業をする人のブログ

地方自治体や学校に営業活動をしています。地方自治体への営業の仕組みや、教育業界について書いていきます。

オンライン英会話が繋がらなかった話【営業のトラブル対応について】

オンライン英会話が繋がらなかった話営業のトラブル対応について1

先日、とある中学校でオンライン英会話の立ち会いをしていたときの話です。

 

インターネットにパソコンがつながらない

 

という事件が起きてしまいました。

結局、学校や教育委員会には謝罪をしました。

 

この記事では、私が経験をしたトラブルを通して

オンライン英会話やICT機器の営業が気をつけるべきこと

についてお話します!

 

 

トラブルの内容

オンライン英会話が繋がらなかった話営業のトラブル対応2

いつものように、オンライン英会話のために事前の準備を行っていました。

パソコンを立ち上げ、ヘッドセットも準備をしました。周辺の環境はほぼ完璧です。

しかし!肝心のインターネットにパソコンがつながらないのです!

 

もう、冷や汗ものです。

なぜ、インターネットにつながらなかったのでしょうか?

 

学校の先生に伺ったところ、

10月のパソコン教室のリプレイスのタイミングで、学校や教育委員会のインターネットサーバーが変更になったとのことです。

 

そのため、今までと通信回線を管理している会社が変更になり、パソコンがインターネットに繋がらなかったのです。

 

パソコン教室のリプレイスについては、下記の記事もご覧ください。 

www.bamboo33.xyz

 

トラブルへの対応

オンライン英会話が繋がらなかった話営業のトラブル対応3

さて、結果的にはオンライン英会話を実施することはできなっかたのですが、

その後のトラブル対応について、私のとった行動を紹介します。

 

生徒への対応

先生経由で、その日のオンライン英会話ができないことを謝罪していただきました。

また、オンライン英会話はできなかったものの、パソコン内の他の教材は使用可能だったため、そちらで勉強をしていただくことになりました。

 

今回のトラブルとは別の学校ですが、オンライン英会話が繋がらなかったときのために英語のプリントを用意している学校も、立ち会いをした学校の中にはありました。

 

ICT機器での授業を実施する場合、このような機械トラブルは避けられません。

そんなときに授業を止めてしまうことができないので、プリントなど代替案を予め用意しておく必要があるのです。

 

学校との連携

オンライン英会話開始の5分前まで、何か策がないか、学校の先生と私でいろいろ考えました。

スマホからテザリングはできないか?他に学校で使用できる端末はないか。。。

教頭先生にもご協力いただき、方法を考えることになりました。

 

本来であれば、このような自体にならないことが大切です。

しかし、トラブルが起こってしまった場合には、なんとか解決できないか?頭をフル回転させることも、営業職の場合、時には必要かもしれませんね。

 

市教委への対応

その日のうちに電話で報告と謝罪をしました。

このようなトラブルが起こった場合、すぐに教育委員会へ報告をすることが必要です。

その際に、

  • なぜトラブルが起きたかの原因
  • 生徒への対応
  • 次回トラブルを避けるための対策

の3点を揃えて報告するようにしましょう。

 

起きてしまったトラブルは仕方ありません。

次からは大丈夫だな、と教育委員会に思ってもらうことが大切です。

 

また、生徒への対応は何よりも大切です。

オンライン英会話であっても、授業の主役は生徒です。

ここに対しての対応がないがしろになってしまっては、

最悪の場合、教育委員会や学校へのクレームにもつながってしまうのです。

 

よかった点と悪かった点

オンライン英会話が繋がらなかった話営業のトラブル対応4

今回のトラブル対応で、よかった点と悪かった点を、私なりに考えてみました。

 

よかった点

もともとこの学校や教育委員会へは顔をよく出していたため、関係性が構築されていました。

そのため、トラブルが起こった際にも、学校との連携や教育委員会への報告がスムーズにいったのだと思います。

 

また、偶然ではありますが、トラブルの現場に居合わせたため、ギリギリまでトラブル解決のため奔走することができました。

 

悪かった点

実は、先月のオンライン英会話の終了時に、

パソコン教室のリプレイスをする話を学校の先生とはしていました。

デスクトップのパソコンが、タブレットPCになるため、今まで使用していたヘッドセットやWEBカメラが使用できるかテストしないといけないですね、という話までしたいたのです。

 

その際に通信環境にまで考えが及ばなかった。

この私の見通しの甘さが、今回のトラブルを起こした最大の原因でしょう。

ICT機器の営業を行う場合には、通信環境はセットです。

リプレイスをした場合には、あらためて、接続テストを実施しましょう。

 

まとめ

オンライン英会話が繋がらなかった話営業のトラブル対応5

今回のトラブルから私が得た教訓は2つです。

教育業界におけるICT機器の営業が把握すべき半いは広い
特に、ヘッドセットなど目に見える範囲の対応はすぐに気づきます。
けれども、通信など目に見えない部分にこそ細心の注意を払うべきだと痛感しました。

 

トラブル対応はギリギリまであきらめない
トラブルが起こって、一番被害を被るのは生徒です。
そのため、直前まで解決のために動くべきだと感じました。
今回、それをしていなかったら二度とこの自治体には行けなかったでしょう。誠意を示すためにも、ギリギリまで諦めてはいけません。

 

また、このように予め失敗のケースを知っておくことで、同じ失敗を避けることができます。

みなさんはこの記事を参考に、是非、トラブルを回避してくださいね。

 

トラブルも多そうだけど、教育業界の営業って、なんか面白そう!と感じた方は、

是非、一緒に働いてみませんか? オンライン英会話が繋がらなかった話営業のトラブル対応

営業として数字を追い求め達成する喜びはもちろん、

教育業界として、子どもたちの成長に携わることのできる喜びもありますよ。

  

教育業界で働くならば一度は学校営業を経験すべき3つの理由 オンライン英会話が繋がらなかった話営業のトラブル対応 教育業界で働くならば一度は学校営業を経験すべき3つの理由オンライン英会話が繋がらなかった話営業のトラブル対応