教育委員会に営業をする人のブログ

地方自治体や学校に営業活動をしています。地方自治体への営業の仕組みや、教育業界について書いていきます。

教育業界の営業職が訪問する営業先とは?

教育業界の営業職が訪問する営業先とは?01

教育業界への就職や転職を考えている方の中には、

営業職に配属された場合、いったいどこへ営業にいくんだろう?

という疑問を持っている方がいるでしょう。

また、既に営業職で働いている方の中には、
新しい営業先を開拓したい!

と考えている方もいることと思います。

 

この記事では実際に私が営業を行ったことがある教育業界の営業職が訪問すべき営業先を4つ紹介します!

ちなみに筆者は現在、新卒から大手教育系企業に勤めて4年になるため教育業界や学校への知識は豊富です。学校や教育委員会へ営業を行う部署に配属され、静岡県を中心に営業活動をしています。商材は今流行りのタブレットで学習するソフトです。そのため、学校におけるICT環境の整備(1人1台のタブレットなど)についても知見があります。月に10~20件ほど学校の関係者との商談や飛び込み営業を行っていますので、参考になるかと思います!

 

 

最大の営業先はもちろん小中学校!

教育業界の営業職が訪問する営業先とは?02

教育業界へ就職した場合に、やはり最大の営業先は学校になります。

特に公立の小中学校に関連する機関へ営業に訪れることが多いです。

 

公立の小中学校

教育業界の中で、公立の小中学校への営業を考える会社は最も多いと思います。

いわゆる公教育を担っているのが公立の小中学校です。

 

教育業界のお客様である子どもたちが最も集まる場所

教育業界の動向を担う学習指導要領の実践の場

となるのが公立の小中学校です。まさに業界の中心なのです。

 

私が公立の小中学校へ訪問をする際には

教材の使用方法の説明

に訪れることが多いです。

 

学校での説明会については、下記の記事でも紹介しています。 

www.bamboo33.xyz

 

また、実際に教材を使用していただいた感想をヒアリングすることもあります。

お客様の声を直接聞くには、学校へ行くしかないのです。

 

訪問の目的のメインは教材の説明で、商品を購入してください!という営業訪問を学校へすることは少ないです。

後述しますが、公立の小中学校で使用する教材は教育委員会が決めていることが多いので、学校の先生方は買いたくても買えない、決定権がないというのが現状です。

 

教育委員会

市区町村ごとにある教育委員会へも、営業の訪問を行います。

もしも、教育業界で営業職として働く場合には最も訪問することが多い場所、それが教育委員会になります。

教育委員会への営業に成功すると、その市区町村の全ての学校へ教材が導入されるため金額が大きいのです!

 

公立の小中学校は教育委員会が管轄しています。

予算の配分や使用する教材もすべて教育委員会が決めるのです。

従って、どれだけよい教材であっても、教育委員会へ営業活動を行わない限り、公立の小中学校で使われることはありません。

※もちろん、学校の先生の意見を参考にしながらなので、教育委員会だけに営業をすればいいわけではないです。

 

教育委員会に営業をする際には、教材のメリットや予算についてのお話をします。

いわゆる一般的な営業のイメージに近い話をしています。

また、公立の小中学校へ伺う際に、許可をいただくこともあります。

 

皆さんは、教育委員会がどこにあるのかご存知ですか?

多くの場合、各市町村の役所に教育委員会はあります。

  • 学校教育課
  • 学務課
  • 教育総務課

という部署名のところが役所にあるはずです。

営業の際には、まずそちらの部署を訪れるようにしましょう。

また、教育センターや教育研究所という施設を、役所とは別に設けている市区町村も存在します。

 

教育委員会へ営業に行く前には、事前に部署名と施設の場所を確認するようにしましょう!

 

私立学校

私立の学校にも、営業を行うことがあります。

私立学校は学校法人ごとに運営しています。

 

 

公立の学校と比較すると

学校で教材を使用する先生と、予算などを決定する人が近いため、

教材の導入へのスピードが速いです。

校長先生や理事長がOKと言えばOKになるという側面が私立学校にはあります。

 

また、学校個別の特色を打ち出した教育を私立学校は行います。

そのため、尖った特徴のある教材も受け入れられやすい、ということがあります。

 

あなたが営業をする教材と、私立学校の建学の精神や教育方針が合致するば、購入してもらえる確率は高いでしょう。

もしも、教材ができたばかりで、とにかく導入事例がほしい!という際には、まずは私立学校から営業をし、実績をつくるのも1つの方法です。

 

小中学校以外の営業先

教育業界の営業職が訪問する営業先とは?03

教育業界の企業が営業先とする場所は、小中学校だけではありません。

私が実際に営業をしたことのある場所を2つ紹介します。

 

学習塾

学習塾と一口に言っても、全国規模で展開している学習塾から、個人が運営しているような小規模な塾まで幅広く存在します。

実際に、塾向けのみに教材を制作しているメーカーもあり、営業先として確率されています。

 

大手の塾の場合には、教室ごとに教材を選ぶ場合と、本社へ営業をし、各教室で使用していただく場合があります。

私が営業をした塾の場合は、

その塾はもともと、受験勉強を中心とした塾でした。しかし、受験勉強のみに限らず、ひろく子どもたちに興味関心を持ってほしい、と考えたそうです。

そこで、他社の教材の導入が検討され、私が営業へ伺った、ということがありました。

 

専門学校や大学

専門学校や大学へ向けて、小中学校向けの教材を営業するということが、最近は増えてきました。

入学したばかりの1年生や、入学前の生徒が春休みの期間に学び直しとして、教材を使用していただくことがあります。

 

高校生になると、文系か理系の選択をします。また、その中でも科目を選択していくことになるので、勉強していなかったり、忘れてしまっていることが多いという大学生が少なくありません。

 

例えば、

看護学科だけれど生物ではなく化学で受験した

観光系の学部だけれど地理は高校ではやってない

ということがあるのです。

 

こういった生徒たちが大学の授業を受けたとしても、基礎となる知識がわからないため、授業についていけなくなってしまうそうです。

そこで、受験勉強のような高度な知識は必要ないが、せめて基本的なことは知っておいてほしいということで、学習指導要領に基づいている公立の小中学校向けの教材が、専門学校や大学でも利用されるのです。

 

まとめ

教育業界の営業職が訪問する営業先とは?04

いかがでしたか?

教育業界に営業職として務めると、下記の場所へ営業に行くことが多いです!

  • 公立の小中学校
  • 教育委員会
  • 私立学校
  • 専門学校や大学

それぞれのニーズにあわせて、提案を行うようにしましょう!