教育委員会に営業をする人のブログ

地方自治体や学校に営業活動をしています。地方自治体への営業の仕組みや、教育業界について書いていきます。

学校や教育委員会で受ける受ける営業トーク3選

学校や教育委員会で受ける受ける営業トーク3選01

教育業界で仕事をしている方の中には、学校や教育委員会に対しての営業担当になったはいいものの、いつも話が盛り上がらないと悩んでいる方が多いのではないでしょうか?

学校や教育委員会に対してどんなお話をすればいいのかわからないので、実際に盛り上がった営業トークの例を知りたい!と考えていませんか?

 

この記事では、実際に私が行っている学校や教育委員会との盛り上がる営業トークの具体例を3つ紹介します!

筆者は現在、新卒から大手教育系企業に勤めて4年になるため教育業界や学校への知識は豊富です。学校や教育委員会へ営業を行う部署に配属され、静岡県を中心に営業活動をしています。商材は今流行りのタブレットで学習するソフトです。そのため、学校におけるICT環境の整備(1人1台のタブレットなど)についても知見があります。月に10~20件ほど学校の関係者との商談や飛び込み営業を行っていますので、参考になるかと思います!

 

 

先生方の授業の話を聞く

学校や教育委員会で受ける受ける営業トーク3選02

営業トークといっても、いきなり自社の教材の話ばかりしても相手は聞いてくれないでしょう。あなたも、自分の興味のない話を延々とされるといつ終わるのかな?と思ってしまいますよね。

まずは、相手が興味のある話題を持ち出すことで、相手がこちらの話も聞いてくれるという雰囲気を作りましょう。

 

相手が学校の先生や教育委員会の方の場合は、授業の話を聞いてみるようにしましょう。

学校の先生や教育委員会の方は常日頃授業のことを考えています。我々が営業をしている教材も授業や子どもたちの学びをよくするためのものであるはずです。

最初に授業の話をすることで、共通の話題ができることになるのです。

 

具体例

私はタブレットで勉強をするようなICT教材の営業をしています。そのため、初めてお話する学校の先生や教育委員会の方には、自社の教材を紹介するよりも前に

もう学校でタブレットって使われてますか?

どんな授業をしてますか?

という2つの質問をしています。

 

そうすると、だいたいの方はタブレットの使用方法などを回答してくださいます。

先生が資料の提示に使用しているであったり、実はまだうまく活用できていなんですよというお悩みを聞けることもあります。

このように授業の話から入ることで、自社の教材の紹介をする際にはあの授業であればこの場面で使えると思うのですがいかがですか?

という実際の現場に沿った営業トークができるようになるのです。

 

是非、授業の話から営業トークを始めるようにしましょう!

 

他の学校ではこのように使ってもらってます

学校や教育委員会で受ける受ける営業トーク3選03

営業トークの鉄板として、活用事例を紹介するというものがあります。他の方がどのように使っているか紹介することで、実際に使用する場面のイメージをしやすくなるでしょう。

学校や教育委員会への営業も同様で、活用事例を紹介するようにしましょう。

 

特に学校の先生は、様々な仕事があり多忙なため、新しい教材を十分に研究する時間をなかなかとることができません。

しかし既に授業で使われている方法を紹介することで、とりあえずこのように使用すれば授業に役立つんだ、と使用することへのハードルをさげることができます。

 

具体例

私は、既に教材を使用していただいている学校へインタビューを行い、教材の使用方法をA4の資料1枚にまとめて紹介をしています。

そうすることで、活用事例の紹介にもなりますし、1枚にまとまっているのですぐに確認をすることができます。

忙しい学校の先生は、細かい説明書を見るよりも、イラストや図ですぐに利用方法がわかったほうが効果的です。

 

学校の先生の多忙さを考慮し、すぐに教材を使用できる環境を整えてあげましょう。

 

こんなお子さまいらっしゃいませんか?

学校や教育委員会で受ける受ける営業トーク3選04

あなたが営業をしている教材が、

どんな子どものどんなところにアプローチができるのか?

どのような授業をつくることができるのか?

をお話してあげるようにしましょう。

どのような商品やサービスであってもターゲットがいるはずです。そのターゲットがお客様にとって、具体的にはあの人のことだなと想像させることができれば、営業トークがスムーズになります。

 

学校でいえば、成績のよい子、悪い子、算数が得意な子、理科が苦手な子など、様々なお子さまがいらっしゃいます。そんな中で、こんな子どものこの悩みを解決するためにこの教材が役立つんです!と話すことができれば、先生や教育委員会の方に刺さる営業トークになるのです!

 

具体例

私が営業や学校での教材の説明会をする際には

こんなお子さまいらっしゃいませんか?という問いかけであったり、

ICT教材を授業で使ったことのある先生は手を挙げてください!という言葉から始めるようにしています。

こうすることで、先生方にこれからこの生徒や授業を対象にした話がされるんだなと、明確に場面を想像してもらえるようになります。

 

その場面にあわせて教材の機能紹介や具体例をお話することで、たしかに使える!と感じていただけるのです。

 

まずは対象にしているターゲットを共有することで、具体的な場面を相手に想像してもらいながら営業トークを行いましょう!

 

 

まとめ

学校や教育委員会で受ける受ける営業トーク3選05

いかがでしたか?
下記のことを意識することであなたの学校や教育委員会との営業トークは劇的に変化するでしょう!

  • まずは授業の話をする
  • 他の学校などの活用事例を話す
  • どんな子に役立つのかターゲットを明確にする

また、どの業界の営業の方にも通用するノウハウはこちらの本からも学ぶことができます。

 

営業とはどのような仕事か?体系的に学ぶことができるのでおすすめですよ!