教育委員会に営業をする人のブログ

地方自治体や学校に営業活動をしています。地方自治体への営業の仕組みや、教育業界について書いていきます。

営業をしていて感じる教育格差について

文科省の英語教育をきっかけに、教育格差が問題になっているそうですね? 民間試験を導入するにあたり、 受験料や受験場所にはじめ、 お金さえ払えば受験学年より前に練習で試験を受けることができる ということで問題になっていましたね。 教育格差に焦点が…

教育におけるプラットフォームの波【内田洋行に行ってきた】

今、世の中において プラットフォームなるものを制しているIT企業が、 とても勢いづいていますよね? いわゆるGAFAってやつです。 そもそもプラットフォームとは、どういったもののことでしょうか? ビジネス用語としては、商品やサービスを提供する企業と利…

営業職には調整するべき部署がたくさんある

社会人として働いていると、社内外問わず、たくさんの 調整事項 が発生します。 この調整がうまくできるか、できないかが、 仕事の評価に直結することも多いです。 特に営業という仕事は、お客様はもちろんのこと、 社内で製品をつくったり、サポートしてく…

教材の展示会に参加してきました

先週末は教材の展示会に参加していました。 学校の営業職の方は、よくこの展示会というものに参加します。 この記事では新卒から大手教育系企業に勤めて4年になり、月に10~20件ほど学校の関係者との商談や飛び込み営業を行っている筆者が、展示会と何か?に…

オンライン英会話が繋がらなかった話【営業のトラブル対応について】

先日、とある中学校でオンライン英会話の立ち会いをしていたときの話です。 インターネットにパソコンがつながらない という事件が起きてしまいました。 結局、学校や教育委員会には謝罪をしました。 この記事では、私が経験をしたトラブルを通して オンライ…

教育業界で働くならば一度は学校営業を経験すべき3つの理由

私は教育業界で働き始めて4年になりますが、 教育業界で長く働きたい、と考えている場合、 一度は学校へ営業をする仕事を経験したほうがいい と思っています。 特に教育業界を志す方の多くは、 こんな教材を作りたい! 新しい教育をやってみたい! という希…

教育の新しい施策が多くでている中で営業としてすべきは?

本日は、最近営業活動をしている中で、 柴山プランについてどうお考えですか? という話を、学校や教育委員会ではなく、販売店の方からいただきました。 また、英語の試験などを始め、様々な教育的施策の話が世の中を騒がせています。 この記事では、私が普…